🦢いつもにはない変な曲がり方をしたカーブちゃん似の幼鳥のお話

今朝。

Duck4の定点ポイントには、

ハクチョウさんが33羽いました。

うち幼鳥が7羽でした。

スミスさん一家の幼鳥ドゥちゃん。

ナミエちゃん一家の5羽の幼鳥さんたち。

羽をケガした幼鳥のムーアちゃんは見ました。

しかし、幼鳥のカーブちゃんの姿はありません。

独りだけ渡って行ったのでしょうか。

心配していると、いつもと様子がおかしい幼鳥さんを見つけました。

(今朝のカーブちゃん🦢)

その幼鳥さんは、カーブちゃん似の幼鳥でした。

いつもよりも首が曲がってしまって

顔を首につけたまま泳いでいました。

(首が曲がっているカーブちゃん🦢)

何かあったのは確かなほど、首が曲がってしまっていました。

ただ、後から来た3羽の幼鳥にくっついてカーブちゃん似の幼鳥は

首を垂れ下げながら泳いでいました。

いつもなら、Duck4の姿を見るや否や近づいて来るのですが、

今朝に限ってありません。

首を垂れさがったまま泳ぎ回っていました。

(キリちゃんと一緒に泳ぐカーブちゃん似の幼鳥🦢)

一時、羽繕いをしたときには、

首を持ち上げることができました。

時々、「クワ!」とカーブちゃん似の幼鳥は鳴いていました。

(「クワ!」と声をあげるカーブちゃん似の幼鳥🦢)

地元の方がおコメをあげても、やはり、首のことが気になると見え、

食べようとはしませんでした。

Duck4が細かく切ったキャベツを投げると、

パクと1切れだけ食べてくれました。

(カーブちゃん似の幼鳥🦢)

「ケンカをしたのならば、仲間と一緒には泳がないはず!?」

と地元の方がおしゃっていました。

そう考えると、カーブちゃん似の幼鳥は、ケンカによるケガではなさそうです。

そして、Duck4、地元の方以外でも、

キリちゃん、ムーアちゃん、ノンちゃんも心配そうに、

カーブちゃん似の幼鳥のところを見ていました。

カーブちゃんのいつもにはない首の曲がり方は心配です。

歩いたり、泳いだり、他のハクチョウさんを突っつこうとしているところを見ると、

我々にも慣れているので、様子を見てあげた方が良いと思っています。

(カーブちゃん似の幼鳥🦢)

ただ気がかりは、このカーブちゃん似の幼鳥の首を見て、

またお電話することです。

逆に、捕獲となってむやみに追い回して、

ストレスを与えることの方が心配です。

ところで、イギリスの白鳥保護団体のSNSを見ていたら、

今朝のカーブちゃん似の幼鳥よりもひどい状態に首が曲がってしまった

コブハクチョウさんがいました。

その仔に比べれば、まだ、カーブ似の幼鳥ちゃんは、酷くなさそう。

単なる、寝違いでこうなってしまって、

明日には治っていること祈っております。

(羽繕いしているのがカーブちゃん似の幼鳥🦢)

数えた後、

ハクチョウさんが40羽に増えていました。

うち幼鳥が12羽でした。

幼鳥4羽の立ち寄り組が増えてようです。

追伸

今朝、Duck4が見た首が曲がった幼鳥さんは、

カーブちゃんではありませんでした。

今朝出会ったカーブちゃん似の幼鳥さんには、

クチバシの黒いちょび髭がなかったからです。

白鳥さんをこよなく愛する地元の方から教えていただき

わかりました。

(カーブちゃん🦢)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。