🦢アドちゃん、幼鳥ムーアちゃん、ミルクちゃんのお話!

今朝。

滞在組のハクチョウさんの皆は、

上流の公園付近で待っていました。

Duck4が川のそばで待っていると、

アドちゃん以外が集まって来ました。

「アドちゃん!また!どうしたの!?」

という想いでしばし待っていました。

皆が上流に移動すると、

やっと、アドちゃんもこっちに向かって泳いで来ましたが、

目の前を通り過ぎてしまいました。

以前だったら、自分から近づいて来ていたアドちゃん。

アドちゃんには、何か、嫌なことでもあったのでしょうか。

そんな、アドちゃんも、何とか、今朝は、配合飼料を食べてくれました。

まもなく9歳になるアドちゃんですが、

最近、素っ気ない時。甘えてやって来る時。

日によってキモチにムラが大きいようにも感じます。

(今朝のアドちゃん🦢)

一方、幼鳥のムーアちゃんは、こちらに来るようになりました。

あまり近づくと、警戒して逃げますが、

それでも、滞在組の皆、Duck4にも慣れてきているのがわかります。

去年の11月からなので6か月も一緒にいるのも

ムーアちゃんにとっては大きいと思います。

ただ、基本、葉物は好きなのですが、

土手に自生している葛の葉っぱをあげたのですが、

ノンちゃんは食べてくれたのですが、

幼鳥のムーアちゃんはクチバシに咥えて食べようとするのですが、

食べずに吐き出していました。

柔らかい新鮮な葛の葉っぱよりも、

乾燥した葉っぱの方が、他の滞在組のハクチョウさんも好きなようなので、

ムーアちゃんもそうなのでしょうか。

(今朝の幼鳥のムーアちゃん🦢)

ミルクちゃんは、発情期なので、近寄らず、若干、距離を持って

Duck4は接していました。

そんなミルクちゃんは、薄緑色の糞を落としていました。

ちゃんと草を食べている健康そうな糞で安心しました。

(今朝のミルクちゃん🦢)

(黄緑色のミルクちゃんの糞🦢)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。