🦢またゴムボートに驚き逃げる滞在組のハクチョウさんたちのお話!

今朝。

滞在組のハクチョウさんたちは、

下流にいました。

そして、川に降りられる場所で待っていると、

アドちゃんが最初にやって来ました。

「アドちゃん!アドちゃん!」と呼ぶと、

「ク!ク!」とアドちゃんは鳴きました。

羽をバタバタすると新しい羽がだいぶ伸びてきていることもわかりました。

(アドちゃん🦢)

そのあと、遅れて皆も集まって来ました。

葛の葉っぱなどを食べていました。

すると、またゴムボートの男のヒトが、

こちらに向かって来ました。

驚いた滞在組のハクチョウさんたちは、

下流へと逃げて行ってしまいました。

「もう少し下流からボートに乗ってください!

ここは鳥さんがいるので!」

とDuck4はその男のヒトに話しました。

次回、そうしていただければ良いのですが。

そのあと、

アドちゃんたちは、この川の支流まで逃げ込みました。

先週は2日ほど帰って来なかったので、

次回、探す手掛かりになりそうです。

そして、Duck4はいつもの場所に戻ってくると、

チンさんだけが待っていました。

何か、近づこうか。

どうしようか迷っているようでした。

そして、数分後に、いつもの地元の方とDuck4のところにやって来ました。

いつものチンさんとはちょっと印象を受けました。

川を下るゴムボートに驚いたのかもしれません。

(チンさん🦢)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。