🦢モリスさんはもうすでに!&傘は嫌いかも!&個体識別が難しくなったカスバートさん!

今朝は春の冷たい雨が降っていました。

Duck4の定点ポイントには、

ハクチョウさんが117羽いました。

うち幼鳥が34羽で、幼鳥率が29%でした。

下流域には、41羽のコハクチョウさんも確認できました。

そして、あの5羽の幼鳥を連れたカスバートさん一家。

キリちゃん、スミスさん一家の姿はありました。

しかし、もうモリスさんの姿はありません。

「3月8日(火)からモリスさんを見なくなったね!」

「昨シーズンもモリスさんはここで越冬していました!」

「足がケガしていたかどうかわかりませんが!」

と地元の方が貴重なモリスさん情報を教えてくれました。

3月8日と言えば、6日、7日と雪が積もった翌日。

そのタイミングで仲間たちと春の渡りのために

離れて行ったのかもしれません。

(片足をケガしていたモリスさん🦢)

今日のお話に戻しますが、

小さな橋よりも上流へ行くと、

4羽のハクチョウさんがこちらへ向かって飛んで来ました。

スミスさん一家です。

ただ、いつもとは様子が違っていました。

いつもならば、お父さんのポールさんが先頭で

Duck4のそばに来るのですが、全く来ません。

もう春の渡りで離れるからなのか!?

それならば、「クワ!クワ!」とご挨拶に来ても良さそうなのですが、

それも全くありません。

その理由は、Duck4は傘をさしていたことにあったようです。

どうやら、スミスさん一家は傘を嫌っていたからです。

滞在組のハクチョウさんたちは、傘にはもう慣れっこなのですが、

スミスさんはそうではなかったのです。

ところで、可愛いことに家族全員で泳ぎながら目をつぶっていました。

鳥さんは片目をつぶって寝る習性があるそうなので、

スミスさんもそんな特技を発揮させたのでしょうか。

(スミスさん一家🦢)

中洲に戻ると、

あのカスバートさん一家が5羽の幼鳥を連れて泳いでいました。

片方の親鳥から黒い斑点が落ちてしまい、

見分けが難しくなりましたが、

そのクチバシの黒い斑点があったところは、白くなっていました。

来シーズン戻って来たときに、見分けがつくかどうかは

自信がありません。

(黒い斑点が落ちたカスバートさん🦢)

(カスバートさんのもう親鳥🦢)

(5羽の幼鳥を連れたカスバートさん一家🦢)

2 Replies to “🦢モリスさんはもうすでに!&傘は嫌いかも!&個体識別が難しくなったカスバートさん!”

  1. モリスさんが去年もいたというのは素晴らしい情報ですね!これは貴重!
    来年も怪我の様子にはよりますが、会える可能性が高いですね。
    というか、ぜひ来年も会って安心させてほしいですね。

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      Duck4はわからなかったのですが、
      白鳥さんをこよなく愛している地元の方が、
      「モリスさんが昨シーズンも来ていたよ!」と教えてくれました!

      何か、嬉しくなりました!
      もしかしたら、モリスさんは毎年、ここで越冬していたのかもしれませんよね!

      来シーズンもモリスさんにまた会いたいものですよね!🦢🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。