🦢「行けば行くで心配!」「残れば残るで心配!」なお話!

昨日の夕方(4月14日)。

Duck4の定点ポイントに行ってみると、

ハクチョウさんが20羽(幼鳥4羽)になっていました。

朝にはいなかったキリちゃん。

イエロースポットちゃんとそのパートナーも戻っていました。

昨シーズンは4月22日まで残っていたので、

まだ、残っていてもおかしくはありません。

このDuck4の定点ポイントが、居心地が良いのでしょうか。

それとも、皆のタイミングが合わず、

飛び立っていてもまた戻ってくるのでしょうか。

白鳥さんをこよなく愛する地元の方が、

「行けば行くので心配!」

「でも、残っていれば、残っているので心配ですね!」

とおしゃっていました。

そのキモチは、Duck4も十分に理解できます。

(夕方、戻っていたキリちゃん🦢)

(水を飲み一服するキリちゃん🦢)

2 Replies to “🦢「行けば行くで心配!」「残れば残るで心配!」なお話!”

  1. 急に暑くなって季節感がなくなった今では、飛んでいかない子たちのことも心配になりますよね。
    ずっといてもらいたいけど、そういうわけにもいかないし。
    今年はその気持ちの振れ幅がこちらも特に大きくなりそうですね。

    1. ういさんへ

      こんにちは!

      残れば残るで心配になりますよね!
      特に、ライトちゃん一家の子どもランちゃんは、
      3月上旬に血がでる羽のケガをしたので、
      飛べても、長距離はできないのではと考えてしまうことがありますね!
      そのことを知って、両親も春の渡りで飛び立つのをためらっているかなと思うこともあるんですよ!🦢「

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。