🦢飛ぶ練習をするハクチョウさんもいるも出発をためらう飛来組と立ち寄り組のお話!

今朝のDuck4の定点ポイントには、

ハクチョウさんが

20羽(幼鳥3羽)いました。

早朝5時前に行くと、

下流から上流の大きな水たまりに向かって

10羽以上のオオハクさんが移動。

その中には、チンさんもいました。

その後、チンさんは、浅瀬に座り込んで

まったりと過ごしていました。

(みんなのそばで休むチンさん🦢)

そして、残っているのは、

飛来組では、キリちゃん、

ライトちゃん一家。

(ライトちゃん一家🦢)

立ち寄り組では、

イエロースポットちゃん、

ハルさん一家の姿もありました。

(ヨシの根っこを突っつき頬に泥がついているイエロースポットちゃん🦢)

キリちゃんは、泳ぎながら、目をつぶっていました。

眠かったのでしょうか。

こんなキリちゃんのような仕草を、

スミスさん一家のポールお父さんも

片目をつぶって泳ぎ回っているところを

以前見たことがあったのを思い出しました。

(目をつぶるキリちゃん🦢)

それから、ハルさん一家の2羽の子どもたちが、

水溜まりにながれていた他のハクチョウさんが食べ残した

ヨシの茎を兄弟で分け合うように食べていました。

(兄弟でヨシの茎を分け合うハルさん一家の子どもたち🦢)

ところで、サクラが満開になったのにもかかわらず、

「ハクチョウさんが帰らないけど!どうしたの!?」

と地元の方がDuck4に聞いてきました。

「一部の群れが飛び立つのですが、また戻って来るんですよ!」

「おそらく、残っている仔皆でここを離れたいと思っているからでしょう!」

とDuck4はお答えしいます。

ちょうど、この大きな水たまりにハクチョウさんが集まっていた時にも、

3羽のオオハクさんが飛び出して行ったのですが、

他の仲間が追いかけて来なかったので、

また、ここに戻って来ました。

そのため、中洲で巣を作ったり1日中大きな声をあげている

滞在組のボスのミルクちゃんは、飛来組や立ち寄り組に対して

「早く、出て行け!」と騒いでいます。

そこに、助っ人としてムーアちゃんも加わっています。

(ミルクちゃん🦢)

それから、帰り際。

鉄道橋まで戻ると、

8羽のハクチョウさんの群れが海の方向へ飛んで行きました。

もしかしたら、大きな水たまりにいた飛来組と立ち寄り組が出発!?

いや8時過ぎなので、時間帯的には遅いのですが、

もしかするともしかするかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。