🦢クチバシの模様がハート型のコハクチョウさんのハートさんの話!

今朝。

ハクチョウさんが79羽(コハクチョウ17羽)いました。

うち幼鳥が12羽。

そのうち幼鳥のコハクチョウさんが6羽。

オオハクチョウさんの幼鳥も6羽でした。

幼鳥率が15.1%でした。

おそらく、南で越冬していたオオハクチョウさん一家が、

立ち寄っている関係で、幼鳥率が高くなったかと思われます。

ところで、上流部には、

飛来組のオオハクチョウさんたち。

5羽のスミスさん一家。

キリちゃんたち。

滞在組のミルクちゃんまで集まっていました。

そこに、幼鳥を1羽連れたコハクチョウさんの家族もいたのです。

まあ、飛来組に混じっているのは珍しいことなのですが、

もう1つ親鳥が特徴的だったので、

紹介いたします。


その親鳥のクチバシの黒い模様です。

まるで、ハート型💛をしていました。

(ハート💛型の模様のコハクチョウの親鳥🦢)

一度、見たら忘れられない、

クチバシの模様です。

ちょっと横顔から見ても、

ハート型に見えます。

(横顔からでも💛型の模様のコハクチョウさん🦢)

このハート模様のクチバシを持った親鳥とその家族が、

いつまでいるかはわかりません。

たぶん、まもなく、

もしかしたら、雨が上がり、

南風が吹いたらここを離れ、

北帰行の旅を始めるかもしれません。

そんな短い期間の滞在にはなりそうですが、

親鳥の独特な模様から名前を取って、

このコハクチョウさん一家をハートさんと呼ぼうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。