🦢止血痕が黒いかさぶたのようになったオオハクチョウさん

今朝。

110羽ほどのハクチョウさんたちが、

越冬していました。

あのクチバシに止血痕があったオオハクチョウさんは、

黒いかさぶたのような形で膨らんでいました。


あのリーダーの斑ちゃんのような独特のクチバシの黒い模様には、

何か意味があるのでしょうか。


このオオハクチョウさんが、

感染症にかかっていないことを願う限りです。

(止血痕が黒いかさぶたのようになったオオハクチョウさん🦢)

2 Replies to “🦢止血痕が黒いかさぶたのようになったオオハクチョウさん”

  1. 斑ちゃんは従来の模様に重なるように点々があったので、細菌感染だと思いますが、いつからだったのでしようね。カサブタが取れるまで皮膚は腫れてつっぱりますから、この子はポロポロ取れそうに思いますけどね。

    1. ういさんへ

      おはようございます!

      斑ちゃんはもともとあのようなクチバシの模様をしていましたが、
      腫れあがったりするようになったりが目立つようになったのは、
      2年前くらいからだったと思いますね!

      やはり、この止血痕がかさぶたになってきましたね!
      これからも、この仔を見守っていきますね!🦢🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。