🦢クリスマスイブの朝に独りで寝ている迷子のオオハクチョウさん

今朝。

150羽のハクチョウさんたちが越冬していました。

うち幼鳥は22羽。

幼鳥率14.6%と10%台になりました。

この数日で、北にいたハクチョウさんたちが、

どんどんduck4の定点ポイントにもやって来たようです。


そのたくさんいる幼鳥の中にも、

たった独りで行動している幼鳥のオオハクチョウさんが、

川面に浮かびながら休んでいました。

まだまだ羽毛や羽は、灰色の幼鳥羽ですが、

瞳を閉じた目の周りは、白くなっていました。

クチバシの付け根部分も若干、黄色っぽくなってきていました。


迷子のハクチョウさんを見ると、

とても可愛そうなキモチになってしまいます。


そんな迷子ちゃんを見ると、

どうか、親切そうな成鳥にくっついて、

餌場の田んぼや塒で一緒にいて欲しい。

と出会うたびにduck4は思うのでありました。

(目をつぶって眠っている迷子のオオハクチョウさん🦢)

2 Replies to “🦢クリスマスイブの朝に独りで寝ている迷子のオオハクチョウさん”

  1. 無垢な幼鳥さんの寝顔!この子を安心させてあげたいですね。パパママにどこかで会えたらよいですが、本当に優しい成鳥さんに導いて欲しいですね。この子のお願い、サンタさん聞いてあげてくれないかなあ🎅

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      この幼鳥の寝顔は純情無垢な感じでした!
      パパとママがいないので、寂しそうでしたね!
      あのさっちゃんのような面倒見の良い成鳥に出会えれば良いのですが!
      本当に、サンタさんに願いを叶えて欲しいものですよね!🦢🦆🎅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。