🦢Duck4のところは少ないものの近くの川では多くのハクチョウさんたちが羽休め!

今朝。

定点ポイントには、

73羽のハクチョウさんがいました。

うち幼鳥が5羽。

幼鳥率6.8%でした。


その5羽の幼鳥のうち2羽の幼鳥のオオハクチョウさんは、

親鳥から離れていて迷子ちゃんになっているようでした。


そして、そのあと。

一緒になったかはわかりませんでした。

(親から離れて泳いでいた2羽の幼鳥のオオハクチョウさん🦢)

いつもの橋付近では、

滞在組のミルクちゃん、チンさん、アドちゃん、メイちゃん。

中洲付近では、

5羽のスミスさん一家。

Duck4の近くまで泳いで来たノンちゃんがいました。


お昼前。

砂押川に行ってみると、

40羽近くのオオハクチョウさんがいました。

うち幼鳥7羽。

幼鳥率17.5%とかなり高い数値でした。


いや、

Duck4の定点ポイントよりも幼鳥率が高いことに、

驚きました。


また、ここには、コブハクチョウさんのコブちゃん。

オオちゃん似のオオハクチョウさんも泳いでいました。


やはり、Duck4の定点ポイントが少ないのは、

土砂を取り除く工事が影響したのかもしれません。


周辺の河川では、結構、見かけるという話を、

地元の方から聞いたことがあったからです。

(コブハクチョウさんのコブちゃん🦢)

2 Replies to “🦢Duck4のところは少ないものの近くの川では多くのハクチョウさんたちが羽休め!”

  1. オオちゃんペアはかわいいですよね!
    人目をひきますしね。コブちゃん、しっかり溶け込んでいそう。
    やはり優しい子なんでしょうね!
    幼鳥は全国的に少ないものの、そちらはかなりの少なさですよね。
    今までのレギュラーメンバーの高齢化もあるのかな?とも思います。

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      親鳥から迷子になったような幼鳥のオオちゃんペア!
      親鳥と合流できていれば良いのですが!🦢

      コブちゃんは、オオハクチョウさんの中で溶け込んでいますよね!
      おそらく、優しいメスのコブハクチョウさんなのかもしれませんね!

      Duck4の定点ポイントでは越冬数、幼鳥率もとても低かったです!
      しかし、砂押川では9羽の幼鳥のオオハクチョウさんがいました。
      50羽の中の幼鳥9羽なので幼鳥率18%でした!🦢🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。