🦢スミスさん一家&キリちゃん&風切り羽をケガした幼鳥オオハクチョウさんのお話!

今朝。

Duck4の定点ポイントには

ハクチョウさんが210羽(コハク67羽)いました。

うち幼鳥が27羽(幼鳥コハク5羽)でした。

毎日のようにここで釣りをしている方から

「今年!ハクチョウさん!多いようだ!」

と言われましたが、まさしく、今のところその傾向があります。

ところで、

スミスさん一家ですが、

下流に来ていました。

日の出後、

ポールお父さん、マーガレットお母さん、

子どものドゥちゃんは、飛び立ちました。

大橋の目の前で旋回してまた下流に戻り、

鉄道橋手前で上流に旋回。

高度をどんどん上げながら大橋を越え、

あの危険な送電線の上を通過して行きました。

Duck4が上流の公園に行くと、

何食わぬ顔して出迎えていました。

まだ薄暗いうちから、スミスさん一家は、

1.5キロ以上離れた下流にお出かけしているようです。

(スミスさん一家🦢)

それから、片方の水かきがないキリちゃんですが、

大橋付近を泳いでいました。

キリちゃんがDuck4を見つけると

「コォ!」と大きな声で呼びます。

キリちゃんはDuck4を覚えているようです。

そのあと大きな水たまり付近に移動。

もぐもぐタイムが始まると、

浅瀬を一生懸命に歩いていました。

あの足で、すごいガッツのある仔です。

なので、ここにいる間は、キリちゃんも応援しようと思っています。

(歩きキリちゃん🦢)

そして、風切り羽をケガした幼鳥オオハクチョウさんは、

滞在組の近くにいました。

もぐもぐタイムが始まると、

周りをウロウロ泳いでいました。

ただ、食べることがありませんでした。

しかし、つかず離れずでいました。

「この羽をケガした幼鳥さん!

滞在組に入ろうとしているようにも見えるなあ!?」

といつもの地元の方がおしゃっていました。

Duck4も親鳥の行動するより、

将来のことを考えたら滞在組と一緒の方が良いと思っております。

(羽をケガした幼鳥オオハクチョウさん🦢)

2 Replies to “🦢スミスさん一家&キリちゃん&風切り羽をケガした幼鳥オオハクチョウさんのお話!”

  1. みんなで幼鳥さんを仲間にいれてあげてほしいですね。
    なわばりがあるので、難しく、いまだにわかばちゃんですら苦労する時があるものの、百戦錬磨な先輩方に混じって少しでも安全に、楽しく生きて欲しいです。

    1. ういさんへ

      こんにちは!

      羽をケガしている幼鳥さんが、滞在組と一緒に行動して欲しいのですが、
      まだ、別行動なので心配しているところです!
      冬にケガすると、どうしてもハクチョウさんの数が多すぎて、
      それがこの幼鳥さんのサポートを難しくしていますね!🦢🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。