🦢チンさんファン&独りでキツネさんのいる浅瀬にいたアドちゃん!

昨日の夕方。

滞在組のハクチョウさんはみんなで中洲近くの大きな水たまりにいました。

そこで、久しぶりに、

白鳥さんをこよなく愛する地元の方にお会いました。

この方は、スミスさん一家の子どもたち。

「あいちゃん」「まいちゃん」「みいちゃん」「エリザベスちゃん」

の名付け親でもあります。

今回、日本白鳥の会の会報誌には、

『スミスさん一家の家族愛』というタイトルで

原稿を書きましたが、そのスミスさんの子どもたちには、

白鳥さんをこよなく愛する地元の方が付けられた

チャーミングな名前をもちいています。

そして、白鳥さんをこよなく愛する地元の方が、

「チンさんの首の震えが気になるので、来たんですよ!」

「チンさん!ファンなので!」

とおしゃっていました。

Duck4もチンさんの首のことが気になっていますが、

震えは、チンさんだけではなくノンちゃんにもありました。

(昨日の夕方のお休みタイムのチンさん🦢)

ところで、今朝。

アドちゃんだけが、昨日、2匹のキツネさんが出没した

ホシハジロくんの縄張りにある浅瀬に独り立っていました。

アドちゃんを見て、独りでいても危なくないのか。

ハラハラドキドキものでした。

(独りキツネさんが出没する浅瀬にいたアドちゃん🦢)

そのあと、上流の大きな水たまりに行くと、

他の滞在組のハクチョウさんたちは待っていました。

そして、しばらくすると、遅れてアドちゃんも

皆のところに合流したので、

ほっとしたのも束の間。

また、アドちゃんは、下流へ向かって泳いで行きました。

(皆と合流したときのアドちゃん🦢)

皆から離れて、下流に、ひとりポツンといたのです。

何か嫌なことでもあったのでしょうか。

そして、また、上流へ向かって泳ぎだしたアドちゃん。

大きな橋で待っていると、

Duck4のそばにアドちゃんは、近づいて来ました。

顔を見るなり、

「ク!ク!」と可愛い声で鳴きました。

今朝、落ち着きがなく、

アドちゃんは、上流と下流を行ったり来たりしていましたが、

声を聞いて、ココロのうちは穏やかそうでした。

このあと、また、皆と合流したアドちゃんでした。

(また合流したときのアドちゃん🦢)

2 Replies to “🦢チンさんファン&独りでキツネさんのいる浅瀬にいたアドちゃん!”

  1. 今はキツネさんの件もありなるべく一人は避けてほしいですね。ハクチョウさんは体が大きいのでキツネさんに勝てると思っているのかな?でもそれは水上の話!!
    時々思うんですが私たちが餌をやりたいと思っているからには、そこはキツネさんやたぬきさんが行きやすいということなんでしょうね💦

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      アドちゃんも独りで行動するのは避けて欲しいものですよね!🦢
      水辺にいれば、一応、安全だと思いますね!
      タヌキさんは大人しいので大丈夫ではないかと思いますが、
      キツネさんは、危険だと、今回のカモさんがやられてしまったのを見て思いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。