🦢独りでいたチェリーちゃんの話!

昨日の夕方。

幼鳥の男の子チェリーちゃんは、

滞在組の皆から離れた浅瀬で独り立っていました。

そして、今朝、行くと

チェリーちゃんは、皆とは別行動をしていました。

そして、浅瀬で待っていると、

チェリーちゃんはそばまでやって来ました。

そのあと、チンさんも来たのですが、

やはり苦手意識があるのか、ちょっと立ち寄って、

去って行きました。

その後も、チェリーちゃんとは、数分くらい一緒にいました。

ヒトに保護されてた経験があったので、

Duck4に対しても、警戒心を感じないようなところもあります。

(今朝のチェリーちゃん🦢)

一方、ミルクちゃんは、発情期なのか、

突然、大きな声で叫んだり、

他のハクチョウさんを攻撃したりと、

感情を抑えれないところがあります。

それを周りの仲間たちも知っているので、

ミルクちゃんとは離れて行動しているようです。

Duck4の前でも羽を広げて威嚇したり、

ぐるぐる回ったりしていました。

(興奮して羽を広げるミルクちゃん🦢)

2 Replies to “🦢独りでいたチェリーちゃんの話!”

  1. まだ幼鳥のチェリーちゃんにはミルクちゃんの行動が理解できず、ただの怖いお兄さんに見えるかもしれませんが、案外ミルクちゃん、面倒見が良さそうですからね!

    1. ういさんへ

      おはようございます!

      チェリーちゃんは、怖いおじさんと思っているのでしょうね!
      でも、ミルクちゃんは、面倒見が良いときもたまにはあるので、
      そのうちチェリーちゃんにいろいろなことを教えるのかもと期待しているところですね!🦢🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。