🦢幼鳥オオハクチョウのチェリーちゃんの話!

昨日の夕方は、

羽をケガした幼鳥オオハクチョウの「チェリーちゃん」は、

ミルクちゃん、チンさん、アドちゃん、メイちゃん、ノンちゃんと

一緒に行動していました。

時々、「ク!コ!コ!コ!」と幼鳥特有の低音の声で

チェリーちゃんは鳴いていました。

「相手をしてよ!」とでも言っていたのでしょうか。

(新たに加わったチェリーちゃん🦢)

今朝も、チェリーちゃんは、滞在組と一緒にいました。

配合飼料とキャベツをあげると、

チェリーちゃんは両方食べていました。

食欲のある仔でほっとしました。

(幼鳥オオハクチョウの「チェリーちゃん」🦢)

2 Replies to “🦢幼鳥オオハクチョウのチェリーちゃんの話!”

  1. アドちゃんのように、この地で子どもから育つ子が出たのですね。
    ひょっとしてこの子のN川はそちらのNかと思っていたのですが、わかばちゃんがいた地域の市のN??実はH川にも幼鳥で怪我をした子がいて、その後を聞かないので、あくまでも願望です☺️

    1. ういさんへ

      チェリーちゃんもアドちゃんのように片道切符になってしまい、
      ここで生きていくことになりましたね!

      そうですよね!
      ういさんのご指摘で気づきました!
      お察しの通りですよ!

      H川でケガした幼鳥がいたと聞いたので、
      このチェリーちゃんは、もしかしたらその子だったりもあり得ますよね!

      Duck4もお話を聞いていたので、ふと思いましたね!🦢🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。