🦢ケガした幼鳥オオハクチョウさんの話!

昨日の夕方のこと。

滞在組のハクチョウさんのところに、

1羽幼鳥のオオハクチョウさんがいました。

どこから来たのでしょうか。

ノンちゃんとケンカになりましたが、

両者、引き分けになりました。

その後もこの幼鳥のオオハクチョウさんの後をついて行きました。

今朝も、この幼鳥のオオハクチョウさんは、

滞在組のハクチョウさんと一緒に行動していました。

そして、「ク!コ!コ!」と、

この幼鳥は呼ぶように鳴いていました。

すると、対岸から、この幼鳥のことを心配そうに見ている方が、

声をかけてきました。

「この幼鳥オオハクチョウさんはケガしているよ!」

「昨日、自然保護員の方がここで放鳥したんですよ!」

「N川でケガをして、飛べないですよ!」

「オスの幼鳥ですよ!」

と教えてくれました。

やはり、よく見ると羽がケガしていました。

そのあとも、滞在組のハクチョウさんの後を追いかけて来た

幼鳥オオハクチョウさん。

いつも給餌している地元の方がおコメをあげると、

その幼鳥オオハクチョウさんも食べていました。

おそらく、この幼鳥オオハクチョウさんも

時間がかかると思いますが、仲間入りするのかもしれません。

そこで名前をつけようとDuck4は考えました。

ちょうど、サクラの開花のタイミングだったこともあるので、

チェリー君にしょうかなと思っています。

(羽をケガしている幼鳥オオハクチョウ「チェリーくん」🦢)

(おコメをもらって食べるチェリーくん🦢)

2 Replies to “🦢ケガした幼鳥オオハクチョウさんの話!”

  1. 男の子まで、わかったんですね!
    自然保護員の方がはなすくらい、ここは有名になったのか、ハクチョウに最適な環境と認められたのか。
    色々気になります。

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      朝、滞在組のハクチョウさんたちに会っていると、
      対岸から話しかけてくるヒトがいて、
      土曜日に、ケガをした幼鳥を自然保護員の方が放鳥したことを
      教えてくださいました!

      このケガした幼鳥さんが、男の子であることもです!
      以前にも、ここに放鳥されたオオハクチョウさんがいました!
      生きていくのには、良い環境なのかもしれませんね!

      一応、名前を、チェリーちゃんと呼ぶことにしました!
      サクラの開花のときには仲間入りしたからですね!🌸🦢🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。