🦢コハクチョウさん一家&スミスさん一家のお話!

今朝は早春の冷たい雨が降っていました。

Duck4の定点ポイントには、

ハクチョウさんが109羽いました。

うち幼鳥が36羽で、幼鳥率が33%でした。

そして、下流にはコハクチョウさんも残っていて、

こちらには27羽の成鳥と10羽の幼鳥がいました。

三分の一がコハクチョウさんで占めています。

その中で、1組のコハクチョウさん一家を撮影。

親鳥のクチバシの模様が独特で、

以前、見たような見ていないような。

過去の写真を探したら、もしかしてわかるかもしれません。

(1羽の幼鳥を連れたコハクチョウさん一家🦢)

(クチバシの模様が独特な成鳥のコハクチョウさん🦢)

ところで、上流部には、

キリちゃん、スミスさん一家もいました。

昨日同様に、スミスさん一家を待っていたのですが、

近くまでは来るのですが、それ以上は近づいて来ませんでした。

考えられるのは、Duck4は傘をさしていたこと。

傘が嫌で、来なかったのかもしれません。

それとも、そろそろ、春の渡りでここを離れるつもりなので、

近づかなかったのか。

例年、北帰行の数日前から、スミスさん一家は寄ってかなくなるからなのです。

(スミスさん一家🦢)

2 Replies to “🦢コハクチョウさん一家&スミスさん一家のお話!”

  1. スミスファミリーの行動は気になりますね。まさにvipなので、スミスさんもduck4さんも、通じ合う気持ちがあるのではないでしょうか。
    私が行った日四羽のコハクさんがJRの方にいました!
    あっ?!オオハクさんじゃないぞ!とパチリと撮りましたが同じ子かしら?

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      スミスさんとは長いお付き合いなので、
      気が通じるところは他の飛来組のハクチョウさんよりはありですね!🦢

      下流部には、コハクチョウさんの群れが羽休めしていますね!
      これは、昨シーズンもそうだったと思いますね!

      ここでは、オオハクチョウさんとコハクチョウさんに出会うことができるんですよ!🦢🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。