🦢スミスさんお父さんに似ている「あいちゃん」とスミスお母さんに似ている「エリザベスちゃん」のお話!

今朝。

Duck4の定点ポイントには、

ハクチョウさんが305羽いました。

うち幼鳥が68羽で、幼鳥率が22.2%でした。

ところで、スミスさん一家は、大橋よりも下流で

Duck4は会いました。

待っていると、集まって来ました。

「スミスさん!スミスさん!」と呼ぶと、

名前を理解しているのかどうかはわかりませんが、

「ク!コ!」とスミスさん一家をおしゃべりしています。

(スミスさん一家🦢)

「2羽の成鳥した子どもたち!あとから合流しましたね!」

スミスさん一家のことを知っている

白鳥をこよなく愛する地元の方から

質問を受けました。

確かに、このHPを見ると、

1羽のお母さん似の成鳥の子どもは11月上旬ごろ。

もう1羽の体が大きなお父さん似の成長の子どもは12月になってからでした。

そして、その子たちには名前をつけたそうです。

お母さん似の成長した子どもは、「エリザベスちゃん」。

お父さん似の成長した体の大きな子どもは「あいちゃん」。

いや、Duck4は、まだ、子どもたちに名前をつけていなかったので、

これから、「エリザベスさん」「あいちゃん」と呼ぼうと思います。

名前、くださって、ありがとうございます。

(成長した子どものあいちゃん🦢)

(あいちゃん🦢)

(スミスお父さん🦢)

(成長した子どものエリザベスちゃん🦢)

(スミスお母さん🦢)

2 Replies to “🦢スミスさんお父さんに似ている「あいちゃん」とスミスお母さんに似ている「エリザベスちゃん」のお話!”

  1. 今まで見ていると、嘴の模様って遺伝はないと思っていたのですが、こうしてスミスさんをみると、遺伝がありそうに思えてしまいます!
    切れ込みなんてそっくりですよね🦢

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      スミスさん一家のクチバシの模様を見ていると、
      すごく似ていますよね!
      特に、親子で切れ込みが似ていますよね!
      成鳥になると、はっきりそれがわかりますね!🦢🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。