🦢再び300羽台になった朝のブライスさん一家、スミスさん一家、アドちゃん、カスバートさん一家のお話!

川の一部が凍るほど寒さ朝。

Duck4の定点ポイントには331羽のハクチョウさんがいました。

うち幼鳥が74羽、幼鳥率が22.3%でした。

また、久しぶりに300羽越えになりました。

寒波の影響で増えたのはハクチョウさんだけではなく

オナガガモさんもです。

上流部に行って行ってみると、

6羽の幼鳥を連れた大家族のブライス(Blythe)さんが

飛んで来ました。

ブライスさんという名前は、

『赤毛のアン』に登場するアンの友人であり恋人の

ギルバート・ブライスからとりました。

6羽の幼鳥を連れたブライスさんですが、

写真の親鳥は、クチバシと羽毛の生え際が緩やかになっていて、

若干の黒くなっているのが特徴的です。

一方、もう1羽の親鳥は、チンさんのようなストレートヘアです。

(ブライスさん🦢)

(ちょうど飛んで来た8羽のブライスさん一家🦢)

(着水寸前のブライスさん一家🦢)

そして、他には、4羽でいるスミスさん一家も、

この近くにはいましたが、ブライスさんは、

後ろに控えるように泳いでいました。

まだまだ、ブライスさん一家も、スミスさん一家には、

太刀打ちできないようです。

(スミスさん一家🦢)

そのあと、中洲近くの浅瀬に戻ると、

アドちゃんの姿を見つけました。

来るまで、凍り付いた水たまりの前で待っていると、

アドちゃんは、氷が張っていたのでためらっていたものの、

歩いて来ました。

(アドちゃん🦢)

それもたくさんのオナガガモさんを引き連れてです。

アドちゃんには、細切れにした白菜とほうれん草の葉っぱをあげると

食べてくれました。

(アドちゃん🦢)

そんなアドちゃんとDuck4の様子を見ていた、

5羽の幼鳥を連れたカスバートお父さんが、

1羽の幼鳥とともに

こちらに向かって歩いて来ました。

(カスバートお父さん🦢)

この後、取り残された

4羽の幼鳥とカスバートお母さんも

お父さんたちを追いかけるように歩いて来ました。

カスバートさんも、滞在組のハクチョウさんたちの様子が

とても気になっているようです。

(後からやって来たカスバートお母さんと4羽の幼鳥たち🦢)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。