🦢それぞれのハンディを乗り越えて生きるハクチョウさんたち!

今朝は雪が降っていました。

また寒くなりそうです。

そんな朝は、ハクチョウさんたちも朝寝坊で、

寝ている仔たちも多かったです。

ハクチョウさんの数ですが

229羽でした。

うち幼鳥が51羽。

幼鳥率が22.2%でした。

昨日は316羽だったので、87羽ほど減りました。

また、カモさんの数もめっくり減りました。

そろそろピークアウトするのかもしれません。

ところで、上流には、足をケガしているモリスさんがいました。

近くまで配合飼料をあげるのですが、

他の仔たちが集まつて来てしまい、

モリスちゃんはちょっとしか食べられませんでした。

春、北帰行を始めるまで

モリスさんは見守っていくつもりでいます。

(モリスさん🦢)

それから、大橋に戻ると、

ミルクちゃん、チンさん、アドちゃん、メイちゃん、ノンちゃん。

片方の水かきがないキリちゃんがすでに待っていました。

降りて行って、バックパックから白菜を取り出し、

他の仔たちにあげようとすると、

ミルクちゃんはそばにいておねだりしていました。

ミルクちゃんも白菜が好きなようです。

(目の前にいるミルクちゃん&チンさん🦢)

(ミルクちゃん🦢)

メイちゃんに近づくと、

「ウー!ウー!」と犬が唸るような声をあげていました。

メイちゃんは、配合飼料を食べていました。

外見上、羽のケガが目立たないので、

飛来組に混じっているとわからないことが

多いのですが、今日はそばにいたのでわかりました。

(メイちゃん🦢)

ノンちゃんは、割り込むのが苦手なのですが、

今朝は、飛来組が少なかったこともあり、

近くで白菜や配合飼料を食べていました。

(首が長いオオハクチョウのノンちゃん🦢)

アドちゃんですが、

羽がまた伸びてきて、

羽軸が折れかかっていました。

先に血がついていたので、

折れたのちには出血の可能性もあるかと思われます。

(アドちゃん🦢)

(折れかかっている先に血がついているアドちゃんの羽軸)

キリちゃんも滞在組の周りを泳いでいたので、

白菜や配合飼料をあげることができました。

カモさん、飛来組も少なかったので、

いつもよりはたくさん食べていたようです。

ただ、滞在組のハクチョウさんに突っつかれていましたが、

また、割り込んで食べていました。

片方の水かきがないハンディは大きいですが、

今シーンも戻って来てくれたのは、

すごい仔だと思います。

(キリちゃん🦢)

(片方の水かきがないキリちゃん🦢)

2 Replies to “🦢それぞれのハンディを乗り越えて生きるハクチョウさんたち!”

  1. ノンちゃんは寒さで少しふっくらしましたね。
    優雅なスワンという感じですね。
    キリちゃんのようにハンデがあっても割り込んでくるのは生きるためであり、生きたいからなんですよね。
    わかばちゃんにも、もう少し頑張って欲しいのですが、どうも引っ込み思案というか、争いを好まないというか、マイペースというか…☺️

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      ノンちゃんはふっくらしてきましたね!
      福良オオハクチョウさんですよね!
      2020年11月にケガした時よりは、目立たなくなりましたが、
      多少、他の飛来組に対して過度に警戒心を持っているのがノンちゃんの気になる点ですね!🦢

      キリちゃんは逞しいですよね!
      「長生きして、鳥生を楽しみたい!」
      と思っているに血がありませんね!🦢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。