🦢スミスさん一家&コマツナがクチバシにくっついたメイちゃん!

今朝。

Duck4の定点ポイントには、

486羽のハクチョウさんがいました。

うち幼鳥が91羽でした。

幼鳥率が18.7%と2日連続で20%を切っていますが、

例年よりもかなり高い値になっています。

また400羽台とは、例年のピーク時の2倍以上になっているので、

驚きです。

北の越冬地が雪で覆われていて、

飛来組のハクチョウさんたちが南下してきたのでしょうか。

大まかの数になりますが、コハクチョウさんたちも100羽ほどいました。

Duck4の定点ポイントでは、オオハクチョウさんが多いのですが

20%ほどがコハクチョウさんが占めていることになります。

(コハクチョウさんたちの群れ🦢)

ところで、スミスさん一家は、

今朝も4羽で小さな橋よりも上流。

公園付近にいました。

スミスさん一家は、群れには属さず、

単体で行動しているようです。

浅瀬で待っているとスミスさん一家は、

お父さんを先頭に集まって来ました。

(スミスさん一家🦢)

白鳥さんをこよなく愛している地元の方からの情報なのですが、

2019年に生まれた子どもの「ミーちゃん」がいるとのこと。

この成鳥した子どものオオハクチョウさんがミーちゃんでしょうか?

スミスさんお父さん似の体の大きさです。

(スミスさんの成鳥した子ども「ミーちゃん!?」🦢)

(スミスお父さん🦢)

それから、上流に戻ると、

滞在組のハクチョウさんたちが待っていました。

昨年9月に種をまいたコマツナが育ったので、

滞在組の朝食に持って行きました。

すると、ミルクちゃん、チンさん、アドちゃん、メイちゃんが

食べていました。

ノンちゃんは近づけなかったので、スライスしたキャベツをあげました。

そんな、コマツナを食べているときに、

メイちゃんのクチバシにはコマツナの葉っぱがくっついてしまいました。

その後、クチバシを水につけて落ちましたが。

以前は、全く青物を食べてくれませんでしたが、

昨年あたりから食べるようになったメイちゃんでした。

(コマツナの葉っぱがくっついたメイちゃん🦢)

2 Replies to “🦢スミスさん一家&コマツナがクチバシにくっついたメイちゃん!”

  1. スミスジュニアは、本当にスミスパパにそっくりだと思いますね!
    ハクチョウさんのおやこもなんとなく遺伝ってあるのでしょうね?
    広瀬川にはコハクさんは飛来したことがないのですよ。近いのに全然違う何かがあって、興味深いですよね。
    今月、広瀬川にも立ち寄るつもりです😁

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      スミスお父さんに、スミスさんの子どもは似ていますよね!
      あの黒い斑点が子どもの方が若干救いないですが!
      クチバシの模様を見ていると遺伝ってあるように見えますね!🦢

      広瀬川は、街の中を流れているので、
      コハクチョウさんは警戒心が、オオハクチョウさんの比べて
      強いのも関係しているのでしょうか?🦢🦆

      こちらの飛来組のコハクチョウさんたちは、全く寄り付きませんね!🦢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。