🦢10羽の飛来組!

今朝。

Duck4の定点ポイントでは、

10羽の飛来組のハクチョウさんがいました。

コハクチョウさんは8羽。うち2羽幼鳥。

オオハクチョウさんは2羽でした。

(コハクチョウさんが飛来🦢)

随分、羽が白くなっていたので、成鳥かなと思いきや、

よく見るとまだ灰色の羽に覆われているようなのです。

そして、クチバシはだいぶ黄色くなっています。

ということは、昨年生まれた仔で満1歳。

いやいや、幼鳥のコハクチョウさん。

どちらでしょうか。

一応、Duck4は今年生まれた幼鳥かなと思うのですが、

皆さんはどう思いますか。

(コハクチョウさんの幼鳥!?)

そして、この仔の奥には、もう1羽、幼鳥のコハクチョウさんもいました。

前に、2羽のコハクチョウさんの幼鳥を連れた家族を見たと

Duck4ブログには書きましたが、

どうやら、この2羽は別々で、

1羽は親鳥からはぐれてしまい共に行動していたのかもしれません。

(親鳥と一緒のもう1羽の幼鳥のコハクチョウさん🦢)

そして、下流の大橋付近には、

2羽のオオハクチョウさん。

もしかしたらツガイだと思いますが、

滞在組のハクチョウさんたちのところに降りてきました。

すると、滞在組は警戒して、「コォ!コォ!」と大きな声をあげて威嚇していました。

そして、ミルクちゃんは、この飛来組のオオハクチョウさんを後ろから攻撃。

ミルクちゃんが全く手を緩めなかったので、

オオハクチョウさんはコンクリートを登り逃げ込みました。

この朝は、ミルクちゃんの勝ちでした。

(2羽の飛来組オオハクチョウさん🦢)

(ミルクちゃんに攻撃される飛来組のオオハクチョウさん🦢)

4 Replies to “🦢10羽の飛来組!”

  1. 一歳、つまり昨年の子ですね!
    広瀬川にこのはちゃんという子がいました。この子のようにまだグレーがまだらなところがありましたが、昨年幼鳥の時に見ていたので一歳とわかりました。
    その後しらべると、ハクチョウさんは2、3年かけて完全真っ白になっていくのだということがわかり、遅い子はこういうこともあるのではないかなと思いました。

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      1歳の昨年生まれた若鳥のコハクチョウさんに見ますよね!
      かなり、クチバシの色がここまで黄色になっているからですよね!

      広瀬川でういさんは、そのような灰色の羽がまだらな仔に出会ったことがあったんですね!
      個体差がありますが、2~3年かけての仔もいるのですね!
      アドちゃんは幼鳥の時から見てきましたが、1歳になった10月ごろには白くなったようでしたね!🦢

  2. 換羽で頭の毛や首の毛は生え変わりにくいようです。カキカキしにくいところだからだそうですよ。

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      頭は換羽のときに生え変わりにくいのですね!
      確か、1歳ごろのアドちゃんの頭には黒っぽい毛もあったかもしれませんね!🦢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。