🦢3羽の幼鳥を連れたオオハクチョウさん一家

今日から12月になりました。

11月下旬から12月中旬にかけて、

オナガガモさんが増えるのですが、

その後くらいから、

ハクチョウさんたちの飛来数も増えてきます。


今朝は85羽ほどだったので、

北海道、北東北あたりで根雪の便りが聞かれるころには、

duck4の定点ポイントでも飛来のハクチョウさんが、

もっと増えてくることでしょう。


さて、今朝は5羽の幼鳥がいました。

うち3羽の幼鳥を連れたオオハクチョウさん一家です。


このオオハクチョウさん一家ですが、

親鳥がおとなしい性格なので、

滞在組のそばまで来ますが、

当たり障りがないように、

あたりを泳ぎ離れていきました。


あのスミスさん一家とは、

接し方がまるで正反対です。

どちらかと言うと、子どもたちの方が、

若干ですが、積極的なように好奇心を持って行動しているようです。


数日ほど、この一家を見ないことがありましたが、

それは、duck4が他のハクチョウさんたちの数をカウントしている最中に、

飛び去っていたのかもしれません。


おそらく、このオオハクチョウさん一家も、

duck4の定点ポイントで、越冬するではないか。

と思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。