🦢珍しい2羽での鳴きかわし

今朝。

昨日、降った雨で地面が濡れていました。

下流部には、

およそ72羽のハクチョウさんがいて、

うち8羽は幼鳥でした。


ちゃんと、確認はしませんでしたが、

ほとんどがコハクチョウさんのようでした。


一方、ミルクちゃん、チンさん、アドちゃん、メイちゃんは、

上流部の中洲付近で待っていました。

こちらの上流部は、すべてオオハクチョウさん。

32羽のうち幼鳥が9羽でした。


ところで、ざっくりとした数値ですが、

コハクチョウさん7:オオハクチョウさん3の割合のようです。

幼鳥率は16.3%でした。


オオハクチョウさんはまだ少ないのですが、

4羽の滞在組のハクチョウさんのところに、

2羽の幼鳥を連れたオオハクチョウさん一家。

2羽の成長のオオハクチョウさんがやって来ました。

ちなみに、この2羽はピンちゃんではありませんでした。


すると、アドちゃんとミルクちゃんは、

長く首を伸ばして前屈みになりながら、

「コォ!」「コォ!」と大きな声で叫びました。


ミルクちゃんとアドちゃんが一緒になってやるのは、

とても珍しいことなので、驚きました。


きっと、一緒になって、

「ここは!滞在組の縄張りだ!出ていけ!」

「コォ!」「コォ!」と言っていたに違いありません。


まだ、そんな強そうなオオハクチョウさん一家だったので、

アドちゃんも向かって行ったのかもしれません。

(一緒に鳴くアドちゃんとミルクちゃん🦢)

2 Replies to “🦢珍しい2羽での鳴きかわし”

  1. アドちゃんもミルクちゃんも無理しすぎないでね!と願います😁
    今日千葉の本埜ハクチョウの郷にお邪魔しました。
    そこで聞いたのですが、今年はハクチョウ界は少子化なんだそうですよ!

    さて、いかに?😁

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      アドちゃん、ミルクちゃんは、今のところ奮闘していますが、
      ほどほどにと思うこともありますよね!🦢

      本埜ハクチョウの郷は、コハクチョウさんたちの越冬地だと思いますが、
      少子化なのですね!

      越冬地で何かあったのでしょうか?
      心配になりますよね!🦆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。