🦢幼鳥のムーアちゃん、チンさん、ミルクちゃんのお話!

今朝の滞在組のハクチョウさんたちは、

下流の大橋付近にいました。

川の近くで待っていると、

時間差がありましたが、皆集まって来ました。

その中には、幼鳥のムーアちゃんももちろんいました。

時折、ミルクちゃんが、ムーアちゃんに近づこうとすると、

ムーアちゃんはさっと離れて行きましたが、

安全だと思うと戻って来て配合飼料を食べてくれました。

遠くから見ると、成鳥ぽくも見えなくはないほど、

すくすく成長してきています。

そして、このような灰色の羽毛に覆われた

ムーアちゃんの姿もまもなく見られなくなると思います。

(幼鳥のムーアちゃん🦢)

(幼鳥のムーアちゃん🦢)

午前9時頃。

滞在組のハクチョウさんたちは皆。

大きな水たまり付近に集まっていました。

そして、チンさんが遅れてやって来ました。

(チンさん🦢)

すると、「コォ!コォ!コォ!」とチンさんとミルクちゃんは、

大きな声で鳴きかわしていました。

チンさんが来るといつもやるミルクちゃん。

いや、チンさんとミルクちゃんを

11年も見てきていますが、

2羽の関係は一体、どうなっているのでしょうか。

(ミルクちゃんとチンさん🦢)

One Reply to “🦢幼鳥のムーアちゃん、チンさん、ミルクちゃんのお話!”

  1. なかなかハクチョウさんの関係はわからないものですね。相まって本能もありますから、人間から見てややこしいところもありますね。
    まだまだハクチョウさんにインタビューしたいことはたくさんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。