🦢お留守番のミルクちゃん&飛びたかったのかなアドちゃんのお話!

今朝。

ミルクちゃんを除く滞在組のみんなは、

大橋よりも下流へお出かけしていました。

そして、大橋で待っていると、

集まってきました。

それから、探しに行くと、ミルクちゃんだけは、

いつもの中洲でお留守番していました。

ミルクちゃんはDuck4の姿を見ると、

頭を下げて歩いて近寄って来ました。

こんなポーズをするのは、発情の影響で、

興奮しているからだと思います。

そんな興奮状態のミルクちゃんのことを知って、

他の滞在組のハクチョウさんたちは、

気をつかって近づかないようにしています。

(頭を下げて歩く興奮気味なミルクちゃん🦢)

このあと、皆合流。

すると、アドちゃんは、羽をバタバタさせながら浅瀬を走っていました。

「飛びたかったのかな!アドちゃん!」

と様子を見てDuck4はココロの中でアドちゃんに話しかけていました。

(走って飛ぼうとしたのかな!?アドちゃん!🦢)

2 Replies to “🦢お留守番のミルクちゃん&飛びたかったのかなアドちゃんのお話!”

  1. まだハクチョウさんの飛びたいシーズンはおさまらないようですね。
    この時期ハクチョウさんは大変ですね。
    飛びたい気持ち、繁殖期、換羽にむけた準備。一気に来るように思いますね。

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      チンさんを除く他の仔たちが一斉に飛ぼうとしたことがありましたね!
      飛びたいというキモチは強いと思いますね!
      アドちゃんも、頻繁に羽をバタバタさせて走ることがよくありますね!🦢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。