🦢黒い斑点がクチバシから消えた【カスバートさん】&首にヨシの枯れ枝がのっている【スミスさんお父さん】のお話!

今朝。

うっすらと雪化粧になっていました。

Duck4の定点ポイントには、148羽のハクチョウさんがいました。

幼鳥が37羽で、幼鳥率が25%でした。

ところで、中洲付近には、あの5羽の幼鳥を連れた

カスバートさん一家が集まって来ました。

(カスバートさん一家🦢)

ところで、このカスバートさん一家の親鳥ですが、

以前、黒い大きな斑点が左側のクチバシにあったのですが、

消えてなくなっていました。

あの大きなほくろのようなのがトレードマークだったので、

来シーズン飛来したときに、個体識別ができるか、

わからなくなりました。

(左側のクチバシにあった大きな黒い斑点が消えてしまった親鳥🦢)

(1月31日📷の時に黒い斑点があった親鳥🦢)

(もう1羽の親鳥🦢)

(1月31日📷もう1羽の親鳥🦢)

その他として、やはり、4羽のスミスさん一家も、

Duck4にやって来ました。

いつものように目の前を占拠したのが、

スミスお父さんでした。

この前に、ヨシの根っこを突っついていたのでしょうか。

いや、流れて来たヨシの枝が

首にはつきました。

数日前には、スミスお父さんの成鳥した子どもの「あいちゃん」

も同じようになっていました。

やはり親子です。

(4羽のスミスさん一家🦢)

(スミスお父さん🦢)

(2月1日📷首に枯れ枝のヨシがある「あいちゃん」🦢)

2 Replies to “🦢黒い斑点がクチバシから消えた【カスバートさん】&首にヨシの枯れ枝がのっている【スミスさんお父さん】のお話!”

  1. あら、嘴はほくろだったのかしら?
    女性には羨ましい現象です。いわゆるシミタイプとホクロタイプがハクチョウさんにもあり、ホクロタイプは識別が楽なのですが、こういうびっくりなことがあるんですよね。
    斑ちゃんのトレードマークがある日ごっそり落ちてしまったらと考えたら、どんな感じだったのかな💦

    1. ういさんへ

      こんばんは!

      この黒い斑点はシミタイプとほくろタイプと考えるのは、
      すごいですね!

      いや消えてしまったのはどっちタイプなのでしょうね!

      このままほくろがあれば、来シーズンも見分けがつき個体識別が容易だったのですが!

      カスバートさんの場合は、ほくろのような黒い斑点があったところは、
      白くなっていますね!🦢

      このトレードマークがごっそりには驚いています!🦆
      よかったのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。