🦢もう少し飛来組のハクチョウさんたはいるかもしれません!

今朝。

Duck4の定点ポイントでは、

75羽のハクチョウさんがいました。

うち幼鳥が5羽。

幼鳥率が6.6%でした。

そのうち4羽がコハクチョウさんたちの幼鳥。

1羽のみがオオハクチョウさんのスミスさん一家の幼鳥です。


そして、今朝もまた、

3グループに別れていました。


下流部には19羽のコハクチョウさんの群れ。

いつもよりも遅い7時過ぎに、

大橋の手前で旋回して田んぼの方へと飛び去っていったのでした。


大橋付近では9羽のオオハクチョウさんがいました。

その中には、

4羽の滞在組のミルクちゃん、チンさん、アドちゃん、メイちゃん。

キリちゃんたちも集まっていたのです。

足が悪いキリちゃんが食べやすいように、

自家栽培したコマツナを丸ごとあげると、

むしゃむしゃキリちゃんは飲み込んでいました。

(自家栽培のコマツナを食べるメイちゃん🦢)

上流部では、40羽以上のオオハクチョウさんの群れが、

浅瀬近くで休んでいました。

その中には、1羽のマガンさんも一緒でした。

また、Duck4の姿を見るや否や、

5羽のスミスさん一家とノンちゃんは、

やって来ました。


ノンちゃんは、強いスミスさんのそばにいれば、

抑止力になり大丈夫と思っている節があるように見えます。

(5羽のスミスさん一家の後ろを泳ぐノンちゃん🦢)

3月4日。

宮城県では、今シーズン第3回目の渡り鳥の一斉調査が実施されました。

秋田県で残雪が残っているので、

まだ、残っているガン、カモ、ハクチョウ類が

例年よりも多いそうです。


なので、Dcuk4の定点ポイントでも、

飛来組のハクチョウさんたち。

オナガガモさん。

マガンさんたちが、

残っているのもうなずけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。